自動火災報知設備

火災が発生した場合、初期対応の早さが生死に関わります。
自動火災報知設備は、万が一の火災もいち早く知らせてくれます。

非常用放送設備

火災避難の際に、正確な情報は必要不可欠です。
非常用放送設備は自動火災報知設備と連動し、現在火災が発生している場所を知らせてくれます。
混乱を減らし、スムーズな避難をサポートします。

消火設備

消防隊が駆けつけるまで、被害はどんどん広がります。
人や財産の被害を減らすため、様々な消火設備が頼りになります。

消火器

消火器は初期火災の際に強い力を発揮します。業務用消火器はおよそ10年毎、住宅用消火器はおよそ5年毎の交換は必要です。

非常照明・誘導灯

火災による停電状態の際、非常照明により避難通路に明度を確保できます。そして誘導灯は避難する方向を正確に示す設備です。
火災時の避難において、どちらも欠かすことの出来ない設備です。

避難器具

火災時に想定外のことが起こる場合もあります。
火災により階段が使えなくなってしまった場合等、避難器具は最後の避難手段となりえます。
弊社では多種多様な避難器具の中から、建物の環境に合った避難器具をご提案しております。

防排煙

火災は発生した際に、炎だけでなく煙も驚異なのです。防排煙は煙の拡散を防ぐことで、避難を助け二次被害を防ぐことが出来ます。

住宅用火災警報器

火災発生のほとんどが一般住宅で発生します。
住宅用火災警報器は、煙と熱を感知し警報で知らせてくれます。

ガス漏れ設備

ガスは目に見えないため、気付きにくいという驚異があります。
ガス漏れを未然に防ぐためにも、ガス漏れ設備を設置しましょう。